• 日本人の資産運用を変える 教える力をあなたに

初めての方へ 海外資産運用教育協会とは

内藤忍

 こんにちは。

一般社団法人 海外資産運用教育協会 代表理事の内藤忍です。

 

日本人の個人金融資産1,500兆円の90%以上は円資産に偏っています。そのように偏りすぎた資産配分を修正していく時、どのような資産にどの位配分していけば良いのでしょうか? 例えば、

 

  • 日本のREITとテキサスの実物不動産はどちらが魅力的か?
  • マレーシアのコンドミニアムとワイン投資のリスク・リターンはどう比較すべきか?
  • 沖縄のアパートと毎月分配型投信とどちらを投資対象とすべきか?

 

というように、複数の種類や地域にまたがって、投資の判断をしていくことが現実にはよくあります。

 

   「日本人には本当に必要な資産運用の知識や情報が提供されていない。」


これは、私が以前金融機関で仕事をしていた時から感じていたこと です。

資産設計塾」という書籍を2005年に出版して以来、投資家教育は私のライフワークになっていますが、自分が発信するだけではなく、同じ問題意識 を持つ人たちと力を合わせいく必要があると強く感じました。

 

残念ながら、日本では資産運用に関する教育はほとんど行われてきませんでした。

 

そこで、この度、個人投資家に対して、意志決定を行う上で必要な、全体を俯瞰(ふかん)するようなアドバイスができる人材を育成するために、一般社団法人 海外資産運用教育協会が設立されました。

 

当協会では、資産運用の中でも特に海外にフォーカスし、資産を守り、殖やしていく方法を伝えるための団体です。金融機関の枠にとらわれない、本当に必要な海外資産運用の知識を提供し、真っ当な資産運用の方法を伝えることができる人材を育成していきます。

 

ファイナンシャルプランナー、税理士、会計士等の先生としてご活躍の方々の中には、今後、顧問先の社長様から

 

   「先生、円だけで、資産を持っているのは不安なんだけど、

    相談に乗ってくれますか?」

 

のように相談される機会が増えてくると考えられます。そのような際に自信を持ってお答えできるような知識や情報をお伝えし、また、アドバイスするためのスキルを修得し、専門家としての能力を高め合う場をご提供して参ります。

活動内容

  1. 講座・セミナーの開催   
  2. 民間資格の認定及び資格認定を受けた者の活動支援   
  3. シンポジウムその他イベントの企画、開催及び運営   
  4. 企業、教育機関等への講師の派遣
  5. 会員組織の運営   

理事プロフィール

代表理事

内藤 忍

内藤 忍(ないとう しのぶ)

株式会社資産デザイン研究所 代表取締役社長
住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックスグループ株式会社、クレディ・スイス証券プライベートバンキング本部などを経て現職。
資産運用関連を中心に20冊以上の書籍を執筆。
早稲田大学オープンカレッジなどの資産運用講座を担当。

理事

前田 出

前田 出(まえだ いずる)

株式会社未来デザイン研究所 代表取締役社長
「好きを仕事に!」をテーマに、公益財団法人 日本生涯学習協議会監修・認定講師を13年間で43,000名を育成。「新・家元制度」を教育ビジネスの新しい仕組みとして、2015年までに200協会、10万人の認定講師育成を目指す。

アドバイザリーボードメンバーを見る

協会概要

名称 一般社団法人海外資産運用教育協会
英文名 Foreign Asset Management educational Association (FAMA)
協会所在地 〒152-0003 東京都目黒区碑文谷3-10-9
設立日 2012年12月3日
代表理事 内藤 忍
理事 前田 出
活動内容
  1. 講座・セミナーの開催 
  2. 民間資格の認定及び資格認定を受けた者の活動支援   
  3. シンポジウムその他イベントの企画、開催及び運営   
  4. 企業、教育機関等への講師の派遣
  5. 会員組織の運営

など、定款に定める事項
URL http://www.fama.or.jp
メールマガジン 無料配信中

関連ブログ

内藤忍 公式ブログ

関連サイト

前田出 公式サイト
資産デザイン研究所